あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、トマトジュース作りなど年8回の開催を予定しています。

あぐりキッズスクール - あぐりキッズスクール

【第3回】田んぼの生き物観察とバウムクーヘン作りに挑戦!

7月21日、田んぼの生き物観察とバウムクーヘン作りに挑戦しました。

田んぼの生き物観察では、ジャンボタニシやカエルなど様々な生き物を見つけ、観察しました。

バウムクーヘン作りでは、木の周りにホットケーキミックスを塗り重ね、くるくると回しながら上手に焼いていきました。昼食はJA野菜広域選果施設内でバーベキューをして楽しみました。
田んぼの中をよ〜く観察
田んぼの中をよ〜く観察
カエルやアメンボ、田んぼの生き物に興味津々
カエルやアメンボ、田んぼの生き物に興味津々
バウムクーヘン作り始まり〜♪
バウムクーヘン作り始まり〜♪
くるくる焼き上げます
くるくる焼き上げます
おっきいバウムクーヘン出来上がり!
おっきいバウムクーヘン出来上がり!
上手に焼き上がりました
上手に焼き上がりました


【第2回】マイ箸作りに挑戦!〜第13期あぐりキッズスクール〜

 6月23日、第2回あぐりキッズスクールを開き、スクール生がマイ箸作りと選果場見学しました。

 野球用バットの廃材を使ったマイ箸作りは、国際箸文化研究所熊本支部が指導。児童たちは自分の手の大きさに合わせてカットした箸に、カラーペンで思い思いに色付けし、オリジナルデザインの自分専用マイ箸を作りました。あいにくの雨で、予定していた田植え体験は中止となりましたが、JA野菜広域選果施設の最新の選果設備を見学した児童らは、興味津々な様子でした。

 昼食に、JA女性部と職員が手作りした昼食を味わいました。
自分の手に合ったサイズに木材をカット。慎重に慎重に!
自分の手に合ったサイズに木材をカット。慎重に慎重に!
思い思いに色付け♪出来上がりが楽しみです
思い思いに色付け♪出来上がりが楽しみです
選果場ではナスやミニトマトなどの選果の様子を見学しました。
選果場ではナスやミニトマトなどの選果の様子を見学しました。


第13期あぐりキッズスクール開校!

 5月19日、平成30年度第13期あぐりキッズスクールの開校式をJA本店で行い、市内の小学生68名が入校しました。宮本隆幸校長が「『命の大切さ』、『収穫の喜び』など農業のすばらしさ、食に感謝する心を育み、たくさんの思い出を作ってほしい」とあいさつ。児童代表の大江小学校6年の上野楽雅()さんが「農業の大切さを学び、食べ物を大事にします」などスクール5つの約束を読み上げました。

 式後は、熊本市南区川口町の宮本組合長のハウスでミニトマトの収穫、南区会富町の西村和洋さんのハウスでナスの収穫体験をしました。昼食は女性部員によるカレーやコールスローなどの手料理を味わいました。
68名が入校した第13期あぐりキッズスクール
68名が入校した第13期あぐりキッズスクール
宮本組合長のハウスでミニトマト収穫
宮本組合長のハウスでミニトマト収穫
営農指導員がミニトマトについて説明しました
営農指導員がミニトマトについて説明しました
大きい「でこなす」をゲット!
大きい「でこなす」をゲット!
生産者自ら収穫指導(西村和洋さん)
生産者自ら収穫指導(西村和洋さん)
女性部の皆さんの美味しい手料理がお昼ご飯♪
女性部の皆さんの美味しい手料理がお昼ご飯♪


第8回 閉校式・ベジフルフラワー作り・バター作り

 3月3日、平成29年度第12期あぐりキッズスクールの閉校式をJA本店で行い、スクール生74人が卒業しました。

 宮本隆幸組合長が「あぐりキッズスクールで学んだ命の大切さ、収穫の喜びなど農業の素晴らしさやたくさんの思い出を今後も大切にし、農業や農産物に関心を持ってこれからの生活に役立ててほしい」と言葉を贈り記念品を手渡しました。児童代表の託麻原小6年中村美優さんは「あぐりキッズスクールを通して命の大切さを学び、これからも自然の恵に感謝し、食べ物を残さず食べるようにしたい」と述べました。

 この日は、ニンジンやナスなどの野菜とフルーツを使ったベジフルフラワー作りに挑戦。スクール生らは、野菜クイズや食農授業を楽しみながら、個性豊かなベジフルフラワーを作りました。

 昼食は、牛乳と生クリームでバターを手作りし、パンにつけて味わいました。。
楽しかった!第12期あぐりキッズスクール
楽しかった!第12期あぐりキッズスクール
真剣な顔でベジフルフラワー作り
真剣な顔でベジフルフラワー作り
可愛い野菜の花束が完成!
可愛い野菜の花束が完成!
閉校式の様子
閉校式の様子


第7回 みかん収穫体験

 12月2日、旬を迎えたミカンの収穫体験に挑戦しました。

 スクール生らは全国有数の温州ミカン産地である熊本市西区河内町にある有明オレンジ園を訪れ、ハサミを使って一つずつ丁寧に収穫。「美味しいミカンを見分けるコツは何か」など職員に質問をしながら体験を楽しんでいました。その場で鮮やかな橙色に色付いたミカンを味わったスクール生は「甘くておいしい。たくさん収穫して、家族に食べてもらう」と笑顔を見せました。

 昼食には、女性部の協力のもと、9月にスクール生が混ぜ合わせた味噌を使った豚汁や新米のおにぎりなどを味わいました。
1つ1つ丁寧に収穫しました
1つ1つ丁寧に収穫しました
鮮やかな橙色のミカン美味しそう〜♪
鮮やかな橙色のミカン美味しそう〜♪
さっそくパクリ!
さっそくパクリ!
「ちゃぐりん」の時間でお勉強もしました
「ちゃぐりん」の時間でお勉強もしました