1. トップページ
  2. JA熊本市の組織
  3. 概要・沿革

■JA熊本市のあゆみ

昭和62年 4月 1市3町の7農協が合併し「熊飽農協」が発足
平成 2年10月 北部農協と合併
平成 4年 4月 「熊飽農協」から「熊本市農協」へ名称変更し、愛称を「JA熊本市」とする。
あわせて「本所・支所」を「本店・支店」へ変更
平成 6年 4月 事業本部制(1管理本部・3事業本部)を導入し、6営農指導センターを新設
平成 8年 8月 河内柑橘選果場(第1期)完成
平成10年 6月 地域農業振興計画「めばえ21」を実施
平成11年 4月 事業本部制から参事制に変更
5月 電算システムを県下統一システムに移行
平成12年 6月 組織整備計画を実施
8月 河内柑橘選果場(第2期)完成
平成13年 4月 33支店を12支店と23窓口支店に変更
6月 経営理念・経営ビジョン・キャッチフレーズを決定
平成14年 3月 JA熊本市介護センター「ほほえみ愛」(訪問介護)指定
11月 大豆共同乾燥調製施設完成
平成15年 6月 経営改善5ヶ年計画を実施
6月 役員の定数削減(48名から32名)
平成16年 5月 新オンラインシステム(JASTEM)稼動
10月 12支店と16特化店舗に変更
平成17年 1月 中央支店を開設
3月 資材センターオープン
平成18年 3月 直営農産物直売所「夢未来」1号店オープン
4月 JA熊本市介護センター「ほほえみ愛」(介護予防訪問介護)指定
6月 女性部組織より理事誕生
7月 野菜選果施設完成
平成19年 5月 河内営農資材センターオープン

■経営理念

私たちは地域と共生し、生活に豊かさと安心をお届けします。

■キャッチフレーズ

夢未来ロゴ

JA熊本市は、地域に安全で安心な食料を安定的に供給し、農業・農村の持続的な発展、農業の持つ多面的機能を通して、生活環境や健康はもとより、農村固有の伝統文化、伝統芸能を継承するとともに、67万人の市民と子ども達の夢をはぐくみ、緑豊かな熊本市の未来の創造に貢献して参ります。

■経営ビジョン

1.

ゆとりとやりがいのある農業をお届けします。

  組合員及びJAの経営基盤を永い将来にわたって盤石なものとするため、組合員や地域住民に密着した事業推進に努めます。
   

2.

利用者とのふれあいを通じ信頼と安心をお届けします。

  組合員、地域利用者の利便性を損なわないよう、訪問型の事業展開を行いサービスの向上に努めます。
   

3.

地域に開かれた健全なJAをつくります。

  事業の集約を行い、経営コストの削減や経営の効率化を図ります。

■管内農業の特徴

JA熊本市は67万人を誇る熊本市を管轄に営業しています。

管内の農業は、北西部の金峰山麓を中心とした果樹地帯、北東部はスイカ・メロン・肥育牛・酪農などを主体とする洪積台地地帯、南西部は米、ナス、メロン、さらに都市中心部には花卉・野菜などを生産する平坦水田地帯から構成されています。

 特に、金峰山麓を中心としたみかん、天明・北部・供合などで生産されるスイカ・メロン、飽田・天明地区のナス、中島のレンコン御幸のカラー、田迎のバラ・菊などは県下ならびに全国でも有数の生産を誇り、小山戸島の乳牛なども加え、ほとんどの農畜産物を生産する食糧基地としての使命を果たしています。

■組織の状況

組合員数 22,036人  
正組合員数 9,485人 個人9,445人
法人 40人
准組合員数 12,551人 個人12,424人
法人 127人
出資金  49億5,323万円
役員数 34人    
常勤理事 3人 常勤監事 1人
非常勤理事 25人 非常勤監事 5人
職員数     451人

■主要事業実績

金融事業 貯金・貸出金 他 貯金(残高) 1,419億9,754万円
貸出金(残高) 567億5,585万円
共済事業 生命総合・建物更正 長期共済(保有高) 5,405億8,400万円
販売事業 農畜産物受託販売
直売品の受託・仕入販売
米・麦・雑穀(販売高) 9億5,473万円
畜産(販売高) 6億8,384万円
園芸(販売高) 102億7,574万円
花卉・樹芸(販売高) 2億6,136万円
果樹・落葉果樹(販売高) 42億6,718万円
直販(販売高) 2億9,786万円
購買事業 農業関連資材、日用雑貨、農機具・自動車の販売及び修理、車検他 生産資材(供給高) 43億7,376万円
生活資材(供給高) 31億470万円
開発事業 土地売買仲介、住宅・アパート建築、入居管理 他 開発(取扱高) 30億2,870万円
建築(取扱高) 15億9,199万円

PDF

PDFファイルでご覧いただけます。

>>貸借対照表

>>損益計算書

>>附属明細書

※内容は平成27年3月31日現在のものです。