あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

あぐりキッズスクール - あぐりキッズスクール

【第7回】ミカン収穫体験&柑橘選果場見学

全国有数の温州ミカン産地である熊本市西区河内町にある有明オレンジ園を訪れ、ハサミを使って一つずつ丁寧に収穫しました。ミカンの収穫体験の後は、出荷最盛期を迎えた柑橘選果場を訪れ、たくさんのミカンが選果台を流れていく様子を見学しました。機械から流れるたくさんのミカンにスクール生は感動した様子でした。


【第6回】JA職員の農業授業・稲刈り体験

JA職員が作ったお米とお豆についての授業を受けました。紙芝居や楽しいクイズを使った授業で勉強になりました!そのあとは、会富町で稲刈りに挑戦しました。職員から稲刈りの指導を受けると、スクール生らは鋸鎌(のこがま)を使って刈り取りました。


【第5回】熊本農業高校生との体験学習

熊本農業高校で高校生たちと一緒にパン製造体験・カラーサンドを使った観葉植物寄せ植え体験・校内案内とえさやり体験を行いました!


【第4回】ミルク牧場での体験学習

 7月20日、阿蘇ミルク牧場に出掛けて、牛についての学習とアイスクリーム作りをしました。

 スクール生は、牧場スタッフに牛の説明を受けながら、酪農の仕事や、牧場の牛がどんなご飯を食べて大きくなるのかなどたくさんのことを学びました。

 牛舎にて餌やり体験では、間近で見る大きく迫力のある牛に奮闘しながらも餌やりに挑戦していました。牛の鼻を優しくなでたり、話しかけたりなど楽しみながら体験していました。

 アイスクリーム作りでは、みんなで協力し合いながら一生懸命アイスクリームを作っていました。出来上がったアイスクリームはとてもおいしかったです!



【第3回】とうもろこし収穫・田植え体験

 JA熊本市は6月22日、第3回あぐりキッズスクールを開き、スクール生はとうもろこし収穫と田植えを体験しました。

 5月に植えたとうもろこしが大きくなっていて、スクール生たちはとても驚いていました。1人3本ずつ収穫しました。

 田植え体験では、JA青壮年部の協力のもと、河野大介さんの田んぼで手植え。田植え綱に沿って一列に並んだ児童は、水田のぬかるみに足を取られ、泥だらけになりながらも一生懸命植え付けました。

 昼食には、JA女性部が手作りしたポテトサラダやおにぎり、大豆を練り込んだ豆団子を味わいました。