1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

トピックス

【ご案内】週40時間労働制に伴う6月第1土曜日の休業について


         令和2年5月吉日

 

ご利用者様 各位

 

熊本市農業協同組合

代表理事組合長  野原 泰夫

 

 

 

週40時間労働制に伴う6月第1土曜日の
休業について(ご案内)

 

 

 

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

標記の件につきましては、労働基準法第32条により、令和2年6月の就業時間が法に定めるところによる週40時間を基礎として算出した労働時間を超過することとなりますので、就業規則に基づき、令和2年6月第1土曜日(6月6日)を休業とさせていただきます。

ご利用者の皆さまへはご不便をお掛けいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


小玉スイカ出荷開始・JA熊本市北部園芸部会

JA熊本市北部園芸部会で、小玉スイカの出荷が始まりました。北部選果場では、15日現在、週4回のペースで日量1500〜2000玉を出荷しています。5月10日から出荷が始まり、6月中旬まで続きます。

同市北区の前田賢介さん(52)のハウスでは順調に生育した小玉スイカが実っていました。小玉スイカは皮が薄いので可食部が多く、際ギリギリまで、美味しく食べられます。部会が栽培する黒川スイカは、普通のスイカより皮の色が黒いのが特徴です。小玉スイカならではの皮の薄さ、更に大玉スイカのようなシャリシャリ感もあり、高糖度の小玉スイカです。2020年産は温暖で晴天が続いたため、形、大きさ共に申し分ない出来となっています。前田さんは「今後更に気温が上がるため、ハウス内の温度管理を徹底し、高品質なスイカを安定出荷していきたいです」と話しました。
 部会は、農家25戸が無加温ハウスで、「ひとりじめBONBON」を栽培。着果標識を立てる日を決め、指定の色、大きさで収穫しています。温度管理を徹底し、着果に合わせた安定供給を続けていきます。


地域に花束贈呈・JAミニデイサービス

JA熊本市助け合いの会、ふれあいともあいの会は15日、JA東部支店でミニデイサービスに参加している4地区の代表者へ花束を贈呈しました。

助け合いの会は、1999年からミニデイサービスや子育て支援を実施しています。現在13グループの192人のスタッフが各地域でボランティア活動に励んでいます。生活インフラの拡充と地域活性化の一翼を担う活動として、市内各支部のミニデイサービスを活発に行っています。JAの事業所や施設利用だけでなく、コミュニティーセンターや公民館を活用するなどして地域訪問と住民主体の支援を徹底しています。また、地域の保育園と協力することで、世代間交流の場を作り、子育て支援の一環としての側面を持つのが大きな特徴です。
 現在、新型コロナウイルスの影響により、ミニデイサービスの活動ができない状態にあります。今できることをやろうと、同地区で栽培された「カスミソウ」と「トルコギキョウ」59束をミニデイに参加している地区へ贈呈。瀬上カチ子会長は「ミニデイサービスがいつ再開できるか分からない中、花を見て少しでも元気になってもらいたいと思い企画しました。喜んでもらえたら嬉しいです」と話しました。


「エースピーマン」出荷最盛期・肉厚でボリューム満点・JA熊本市東部ピーマン部会

熊本市東部地区では「エースピーマン」の出荷が最盛期を迎えています。JA熊本市東部支店の集荷場には連日、生産者が「エースピーマン」を持ち込んでいます。14日現在、日量約500ケース(1㌜4キロ)を出荷しています。「エースピーマン」は、肉厚でみずみずしく、ほのかな甘さが特徴です。

JA東部ピーマン部会は、部会員10人が2.8ヘクタールで栽培。7月の第1週まで総出荷量260トン、販売金額1億円を目指します。2020年産は肉厚でボリュームがあり、出荷量も例年並みです。

同市東区鹿帰瀬町の城政勝部会長のハウスでは、ハウス内の高温や強い日差しからピーマンを守るため、遮光対策に取り組んでいます。温度管理を徹底し、品質を保持しています。

城政勝部会長は「安全で安心なピーマン作りを徹底しています。味・品質共に良好なピーマンをたくさん食べてほしいです」と話しました。
 部会は、農薬低減の為、全員が害虫の天敵「スワルスキーカブリダニ」を導入して高品質栽培に取り組んでいます。また、食農教育活動に力を入れており、肉厚で苦みがないエースピーマンを使ったレシピを新たに考案するなど、エースピーマンの消費拡大に向けた取り組みを行っています。


高品質みかんを生産・JA熊本市柑橘部会総会

JA熊本市柑橘部会は12日、熊本市のJA夢未来柑橘選果場で、第21回通常総会を開きました。2019年度は生産量2万2887トン(前年比97%)、売上高42億8309万円(同89%)。19年度は消費地から要望されるこだわり商品(肥のさきがけ・夢の恵)の出荷量拡大のためマルチ被覆等の高品質生産対策を実施。有利販売に向けた事業の取り組みを報告しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、総会は、地区ごとに時間を分けて実施。部会員とJA関係者ら約300人が出席しました。総会では、20年度事業計画・収支予算、役員改選など10議案について協議し、全て承認しました。主な重点対策として、安定出荷や基本管理の徹底、高品質みかん作り、年末商材確保のための「尾崎」の生産量早期増大を決めました。

上村英哉部会長は「19年産は、市場からの評判が良かったです。今年も生産を頑張り、部会員一丸となって出荷に努めていきたいです」と呼び掛けました。

表彰者は以下の通り。

▽極早生の部=桝永道夫(塩屋支部)、早生の部=上野修一(野出支部)、尾崎の部=上杉法博(尾跡支部)、普通の部=東哲治(尾跡支部)
▽特別表彰=谷口進一(塩屋支部)