1. トップページ
  2. JAのサービス
  3. 各種サービスからのお知らせ
  4. トピックス
  1. トップページ
  2. 体験!食づくり
  3. トピックス
  1. トップページ
  2. トピックス

あぐりキッズスクール

JA熊本市は、子どもたちに体験を通して農業や食の大切さを学んでもらおうと本年度も「あぐりキッズスクール」を開校しました。
今年も女性部、青壮年部と協力しながら、来年2月まで田植えや稲刈り、野菜や果物の収穫体験など年9回の開催を予定しています。

トピックス

カラー出番 JA熊本市御幸カラー部会

 熊本市の御幸地区では11月上旬から、豊富な地下水で育ったカラーの出荷がスタートしました。16日時点で日量500から600本を週2回、主に関東地方に向けて出荷。3月から最盛期に入り、最大で日量約3500本となる見込みです。5月上旬まで続き、出荷数量9万本を計画しています。
 JA熊本市御幸カラー部会は2人の生産者が38アールで作付け。収穫から選別、箱詰めまで生産者が手作業で行っています。早朝に運び込んだカラーを長さ、大きさに分けて1束ずつ丁寧に選別し、苞(ほう)が白い「ウェディングマーチ」と熊本県の育成品種「ホワイトトーチ」、苞が緑色の「グリーンカラー」「レモングリーン」の4種を出荷します。
 園田重信部会長は「一部品種で生育が遅れていますが、肥培管理を徹底して挽回し、より良いものを出荷していきたいです」と話しました。
 


「夢未来イチゴ」300トンを目指す JA熊本市白浜苺部会出荷協議会

 JA熊本市白浜苺(いちご)部会は11月15日、河内支店で2022年産白浜苺部会出荷協議会を開きました。部会員、行政、取引市場、JA関係者ら25人が参加。JAブランドである「夢未来イチゴ」の販売対策について協議し、総生産量300トン、販売金額4億8000万円を目指します。
 品種別作付面積は「ゆうべに」457アール(前年比111%)、「恋みのり」143アール(同76%)を計画し、5月末まで出荷は続きます。
 今年は梅雨が短く高温傾向であったものの、肥培管理や栽培スケジュール厳守と病害虫防除の徹底により充実した苗に仕上がっています。定植は台風の影響で計画より少し遅れたものの、定植後の液肥の適時施用や適度な降雨もあったことから活着が促進され順調に生育している。
 今後は緑熟期までの玉出しを徹底し、市場から課題としてあげられた着色面などの品質向上に努める。
 同部会の磯野功明部会長は「夢未来イチゴは市場からの期待が高い。期待を下げないよう、高品質出荷を意識し、県や市場と情報共有しながら有利販売を目指していきたい」と話した。


キムチ作り講習会を開く 支部活動に活かす JA熊本市女性部

 JA熊本市女性部は11月上旬、本店調理室でキムチ作り講習会を開き、女性部員12人、JA職員2人が参加しました。女性部活動の新しい試みとして、簡単でおいしいキムチの作り方を学び、女性部の支部活動にも役立ててほしいと企画。今後の活動の一つに取り入れる計画です。
 講習会には厚生産業株式会社を講師として招き、最初に資料を使って作り方を説明。部員らは野菜を切る作業から始め、キムチの素を作り、下漬けしておいたハクサイに丁寧にキムチの素を挟み込む作業をしました。ビニールに入れて2日ほど漬け込むとおいしく食べられるようになります。
 参加した女性部員からは「自分たちで作ったものだから安全で安心して食べられます。今日習ったことを持ち帰って支部でも実施してみようと思います」と話しました。


「エースピーマン」出荷スタート JA熊本市東部ピーマン部会

 JA熊本市東部ピーマン部会は11月7日から「エースピーマン」の出荷が始まり、初出荷日はJA東部支店の集荷場に84ケース(1ケース4キロ)が持ち込まれました。14日時点で週2回、日量約30〜40ケースを出荷。11月下旬からコンテナ出荷もスタートし、5月にピークを迎えます。出荷は翌年7月上旬まで続き、総出荷量400トン、販売金額1億6000万円を目指します。
 2022年産は昨年より朝夕の気温が低く、雨が少なかったことから生育に遅れが見られ、全体的に乾燥気味です。しかし、病害虫の被害が少なく、品質は良好なピーマンが出来ています。
 県内唯一のエースピーマン生産地である同部会では、17人の生産者が4ヘクタールで作付け。全員が農薬を減らすため天敵を導入し、品質向上に努めています。
 営農指導員は「品質良く、収量もまずまずのスタート。これから徐々に出荷量も増えてくるが、適宜防除を徹底し、安定した収量を確保しながら有利販売につなげたいです」と話しました。


スティックセニョール出荷開始 JA熊本市スティックセニョール部会

 JA熊本市管内で11月9日からスティックセニョールの出荷が始まりました。初出荷はJA野菜選果施設に22ケースが集まり、県内の市場中心に出荷しました。主にL階級を週6回の集荷で、総出荷量3万4000ケース(1ケース3キロ)、販売金額6000万円を目指します。
 2022年産は例年より気温が高かったため、順調に生育が進み品質良好の仕上がりになっています。
 JAスティックセニョール部会は50人が7ヘクタールで作付け。スティックセニョールは天候に左右されやすいため、定植時期の分散をして安定出荷に取り組みます。イベントや販売促進会でスティックセニョールのレシピが載ったパンフレットを配り、消費拡大にも力を入れています。
 JAの販売担当職員は「3月の出荷最盛期に向けて準備を進めています。少しでも高値で生産者に還元できるよう市場との交渉に努めます」と話しました。